豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

ブログ

2020/04/19

ベランダ・テラス床の硬質プラスチックの塗装は望ましくない

最近ではベランダ床やテラスなどに使われている硬質プラスチックは木材の板に比べて雨による「腐り・割れ・反り・伸縮膨張」などが起きないため使い易く耐久性もありエクステリアとしてとても良い材料だと思います。しかし、唯一の欠点としては日当たりが良い場所ではゆっくりですが変色してくるので外壁塗装塗り替え工事の時に一緒に塗り替えてほしいと依頼されることもありますが、この材料は硬くてツルツルしている所などは塗装しても塗料がのりにくく密着性があまりないので剥がれやすいという事も考えられます。また、その素材の種類の中には塗装して乾いてもネバネバとべたつきが残るものもありますので無理に塗装するよりも人工芝を被せるなど別な方法も検討した方がいいです。

コメント0件
2020/04/18

外部のレンガに塗装するのは「可能」ですが問題点も多い。

外部でレンガに塗装することってできますか?と時々聞かれますが、普通に考えても塗装することは可能です。しかし問題点もあり、塗装した後は「どれ程剝がれず密着しているのか」とか「変色やその他の不具合が起きるのでは」と不安なことはたくさんあります。素材の面から見ても雨が降れば水を吸い込み、晴れたら水蒸気となって放出するので塗装したらその透湿性の変化に塗料・塗膜がついていけるのか?と考えてもほとんどの塗料は無理だと思います。ただ、その透湿性能の高い一部のアクリル系の塗料や浸透性の高い着色剤など共通して言えるのは「ほとんど塗膜を作らない、塗膜の薄い塗料」であれば通常塗料に比べれば長持ちすると思います。ただしこれは外部の事で内部の場合は雨が当たらないのでどんな塗装でも心配はありません。

コメント0件
2020/04/17

鉄部の塗り替えで錆以外に気を付けることはチョーキング劣化

鉄部の塗り替え工事で鉄骨が錆びるのは仕方ないですが、意外と見落としがちなのはチョーキング劣化です。場所にもよりますが日当たりがいい西日を受けやすい所や雨が直接又は吹きこんだ時に濡れる場所などチョーキング劣化しやすい条件となってしまいます。チョーキングの所を塗装するのに掃除下地処理なしでそのまま塗ると表面のチョークの粉が素材密着を遮るので剥がれやすくなってしまいます。チョーキングの下地処理方法は洗う・拭き取る・ペーパーなどで目荒らしするなどチョークの粉をきれいに拭き取ってからの塗装が望ましいと思います。

コメント0件
2020/04/16

モルタル外壁の一番の問題点はひび割れ

昔から親しまれているモルタル外壁ですが、外壁自体は丈夫ですが揺れなどで起こるひび割れクラックはどうしても起きてしまいます。一度割れたところは揺れ動きやすい場所なので止めることはできません。動きに対応できるコーキングや伸縮性のある下塗りを使用することもできますが、価格面や伸縮性があるゆえの膨れる問題もありますので慎重に考えて選択する必要があります。確実に良い選択というのはとても難しいことで、実際に現場の状況を見て下地状況やひび割れ方・割れた隙間の大きさなど何度ぶち当たっても難しい問題だと感じます。

コメント0件
2020/04/15

好きな色を選ぶこと=その人の個性そのもの

外壁塗り替え工事をする時に考えるのは色の事で、色を選ぶことって本当に難しいことですよね。簡単に選ぶ方法は以前と同じ色や似た色にすることですが、色を変えることは勇気がいりますよね。先日、外壁の色を選ぶときに色見本帳を持っていきましたが、見本帳を開く前に「白がいい」って言われて簡単に決まりました。白色の良さは「明るい・清潔感・スッキリ・サッパリ」など、反対に白色の欠点は「汚れやすい・他の色に比べてチョーキング劣化しやすい」など問題点もあります。でも、それとは別にその色が好みという事ならそれはそれでアリだと思うのです。家の形状と色合いのバランスに問題があってもそれは前の色のイメージが残っているからで、新規の色も時間が経てば定着してきます。

コメント0件
2020/04/14

乾燥し過ぎのコンクリート壁は逆に塗りにくい。

塗装する条件として塗装面が水で濡れていたり湿気が多い所など湿度の高い所は塗装しても剝がれる恐れがあるなど心配ですが、今回はその逆で乾き過ぎのコンクリート壁の塗装をすることになりました。室内のコンクリート擁壁塗装でコンクリート表面もカサカサしていたので清掃するときも粉埃が凄い。塗装の時も刷毛で角などを塗りこむ時にコンクリートが塗料を瞬時に吸い取られるのできれいに塗る事ができず予想以上に時間もかかりました。使用した塗料の量も通常の倍ほど使用したので驚きです。

コメント0件
2020/04/13

外壁の塗装完了イメージをつかむのにカラーシミュレーションは有効

塗り替え工事でどうせ塗り替えるなら今の色を変えてみたいと希望される方は多いと思いますが、自分の好きな色を選んだときに実際のご自宅に合うかどうかという不安があります。家の形・大きさなどでも見る角度によりイメージは変わってしまいます。そんな時に有効なのが「カラーシミュレーション」で、塗り替える前にある程度のイメージが掴めてとてもわかりやすいと思います。自分でパソコンを使って操作しながらやっていますのでお客様の好みの色以外にも「こんな色が合います」と打ち合わせ時にはご提案しています。

コメント0件
2020/04/12

縞鋼板の塗装をするなら刷毛じゃなくローラーで仕上げる

床の踏み板などで使用されるシマシマの縞鋼板は表面に凹凸があり滑りにくい構造となっていますが、塗装をする時はローラーを使って塗装をしています。刷毛塗りしかできない場合は仕方ないですが、広く塗りやすい場所ならローラーで塗りたいですね。刷毛で塗ると凹凸がある分、塗料の入り込みも悪いので塗装カスレなどが起きやすくきれいに仕上がりません。ローラーで塗装する場合は凹凸があっても塗料が入り込みやすいのできれいに仕上がります。さらにきれいに仕上げるには縦塗りした後すぐに横塗りするなど塗料ムラを均等にするほどワンランク上の仕上がりとなります。

錆止め塗装状況 上塗り塗装状況 コメント0件
2020/04/11

塗装工事をキチンとできるかどうかは最終的に工事をする人間性

塗装の良しあしや責任の事など最終的には施工した本人しかわからない事だと思います。塗り替えを希望する方にとって「値段が安いから」とか「大きな会社だから安心」とかよく聞きますが、実際は「営業だけで塗装はしません」とか「下請け会社が施工します」などお客様と一歩離れた話や施工が本当にいい仕事ができるのか、本当に伝わっているのか不安だと思います。弊社の場合は少人数制の完全一括施工なので見積りした本人が直接施工しますので施工要望通りの忠実に確実な施工を致しております。確実な施工ができるかどうかはその人の人間性だと思いますので日々精進していきます。

コメント0件
2020/04/10

愛知県にも緊急事態宣言が出てしまい今後が心配です。

本日、午後からウイルス感染の緊急事態宣言が出ました。ニュースを見てて感染力も強いと感じます。これから徐々に広がっていくのかとにかく不安しかないのでマスク着用も欠かせません。塗装工事の方は外部工事で密室作業ではありませんし、作業中も他の人と接するという事もないので直接的な影響はほとんどないと思います。作業をする上で作業時間の変更や短縮など施工の流れの中で無理のない範囲で調整するなど対応したいと思います。

コメント0件

電話する

0565-76-4130