豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

塗装工事

鉄骨の塗膜剥がれは塗り替えのサイン

塗装の寿命がくると水弾きがなくなり鉄骨も雨などの水分を吸収しやすくなります。水分を含めば徐々に錆も広がってくるので錆が見える前に塗装することをお勧めします。一度錆が広がると強力な錆止め剤(2液型エポキシ錆止め)でも抑えることは困難です。塗り替えする時は剥がれをしっかりそぎ落とし、きれいな乾燥した下地にしてから錆止めを塗ると密着性もよく剥がれにくい状態となります。

調理室・厨房のコンクリート床も歩く場所は傷みやすい

モルタルコンクリート床の塗り替え工事です。塗装前は至る所の塗膜が剥がれていました。しかし、テーブルなどの作業台の下は歩かないので剥がれないんですよね。やっぱりいつもよく通るところはそれだけ傷みやすいです。コンクリート床の塗装もいろいろな種類がありますが、今回は厚膜エポキシ仕上げという事で硬くて丈夫な塗装です。この丈夫な塗膜を維持するにはやはり剥がれないようにすることなので下地と密着するような下地作り・下地処理がとても重要です。

破風板の経年劣化による剥がれは旧塗膜が原因

破風板の塗膜剥がれは昔から使用されていた合成樹脂塗料を塗装していた所ではこのような剝がれ方をすることが多くみられます。(約20年程前に多く使用されていた塗料) 剝がれが起きている部分は清掃で浮いた部分をできるだけ剝がすしかないですが、これ以上剥がれないように下地処理としてサンダーペーパで表面をきれいにするか塗膜が薄い場合は全部剥がすなどの処理をしていました。今では破風板の劣化している場合では破風板に形を合わせた形成トタン板張りの工事をお勧めしています。その方が剝がす手間もかからず安くて早くてきれいな仕上がりになりガルバリウム鋼板なので耐久性も抜群です。

軒樋の砂つまりを塗装工事するときにチェック

軒樋の掃除は通常ではほとんどしませんよね。下から見て雨が降った時に水漏れするとか草が生えているなど異常がない限り掃除をすることはありませんよね。私たちの塗装工事では見積りで気付かない事でも足場を作った時や屋根・外壁の高圧洗浄の時に洗った水が軒樋へ正常に流れているか漏れや割れはないかなどチェックしています。樋清掃や水の流れなど簡単に直せるなら塗装工事中に補修しますが、どうしても取り換えが必要な場合は再度見積もりを作り部分補修などご予算に合わせてご提案しています。

外壁トタン錆発生の兆候サイン

外壁トタン(昔からある木目調のプリント板)の劣化状況です。このような状態になるには築20年以上の物件によく見られます。そして、日当たりの良い南側よりも日の当たらない北側に発生する傾向があります。また、劣化が進むとトタンの表面に白い粒状の粉が出できます。塗装前の清掃をする時に分かりますが、白い粉を削り落としたときにその部分がわずかにへこんでいます。そのままにしておくとトタンの厚みが薄くなり白い錆から次第に赤錆へ一気に広がります。

トタンの錆が進行しすぎて穴があく手前でも大丈夫。

屋根笠木のトタン部分です。新築から20年以上経過していると思いますが、トタン笠木の取り付け角度が水平のため雨が降っても流れることなく溜まってしまい錆が広がったと思います。対処法としては予算があれば取り換えた方が早いですが、塗装屋としては塗装で錆を食い止めるのが使命なので特殊な錆止めを使い穴が開くのを食い止めます。これだけ錆びていると錆止めだけでは止める事ができませんので錆止めの前に塗る特殊錆止めで進行を止めてから2液タイプの万能錆止めで固定すれば錆を封じ込める事ができます。予算も手間もかかってしまいますが、このようの状態でもきれいにすることは得意です。

モルタル外壁のクラックひび割れは要注意

モルタル外壁やモルタル塀などでセメント系で仕上げてあるものはひび割れなどがどうしてもおきやすいですね。ひび割れが原因で一番怖いのは雨などの漏水で、内部に入り何日も浸みていると中の柱が腐ったりする恐れがあるので怖いですね。最悪の場合は白アリが発生することもあるので注意が必要です。モルタル塀に関してもひびが入る事で塀の強度が落ちて少しの揺れでも倒れるという事もあるので高さの高い塀は少しでも削るなどで下げることによりケガのリスクを下げることも大事なことですね。

自分で塗ると失敗しやすい雨戸塗り

雨戸塗装って誰でもできますが、簡単そうで意外と手間のかかるものなのできれいに仕上げようと頑張っても塗り残しや下地処理不足など時間が経つと剥がれが発生しやすいです。下地処理の基本の表面に付いているゴミを除去して剥がれ防止で目荒らしをする事で塗装の密着力も確実にアップして塗装した塗膜もきれいに形成され、見た目も大事ですが雨戸の基本的機能の雨風を受け止める事ができると思います。

工場の屋根(セッパン屋根)の劣化状況

屋根の状況を見てもトタンの傷み具合がかなり進んでいる状態です。先ずは錆の進行を止めて密着力のある塗装仕様で工事しなければなりません。今回は錆を固める特殊な錆止めを塗装してから通常のエポキシ2液型錆止めでしっかりとした下地を作り上塗りも2液型の遮熱塗装で仕上げました。屋根の仕上げの色も遮熱塗装をするならできるだけ明るい色を選んでもらい屋根の保護と遮熱性能を生かした仕上がりとなりました。

屋根鉄部は定期的なメンテナンスが必要です。

年数が経ちますとどんなものでも自然と劣化してきます。トタンの屋根も山の部分が紫外線が当たりやすいという事もあり錆の進行を助長します。錆がこれだけ進むと穴が開いてくる心配があり、早めの塗り替え工事をする必要があります。対策としては錆のひどい部分はとにかく錆を止めなくてはなりません。錆の劣化を食い止めれば塗装の効果があったと証明できますよね。

電話する

0565-76-4130