豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

ブログ

2020/08/11

鉄部の塗装で錆止め塗装後にすぐ上塗りをすることはできるのか

鉄骨など鉄部の錆止め塗装した後に上塗りすることは可能です。但し暖かい季節ではいいですが真冬の寒い時期は密着不良や何らかの不具合が出ることがあるのであまりお勧めしません。速乾の錆止めしてすぐ上塗り塗装はできますが、理想は錆止め塗装したら翌日に上塗りをする方がいいですね。錆止めがしっかりと乾かないうちに上塗りをすると錆止めが乾燥する前に上塗りで蓋をしてしまう状態となります(塗料によっても違います)ので塗装(塗り重ね)間隔はあけたほうがきれいに仕上がりますね。

コメント0件
2020/08/10

コンクリート床は専用塗料の方が塗膜が強い

コンクリート床の塗装で水性塗料を使って仕上げる場合、一般的な水性塗料と床専用の水性塗料があります。どちらも水性塗料なので塗装することは可能ですが、塗膜の耐久性の面からすると間違いなく専用塗料ですね。「床に塗る塗料」という事は塗装・乾燥したところを歩くという事になり塗膜が耐えるよう硬く丈夫な塗膜に仕上げる必要があります。ですので床専用塗料というのはその機能を重視した塗料といえます。

コメント0件
2020/08/09

色調合・色作りには順番がある

外壁で言えばクリーム色というかアイボリー系の色が多いですが、色を作る時に白色をベースに少しづつ黄色・赤さび色・黒色を混ぜ合わせていきます。黄色から混ぜ合わせていく理由は色の薄い色から入れると入れ過ぎの失敗が少ないので調合しながら微調整ができます。濃い色入れ過ぎた場合は白を入れても入れても修正できず廃棄となる事もあるので注意が必要です。また、少量を色調合する場合は混ぜ合わせの量も少ないので難易度がぐっと上がりますがプロならある程度の近い色を調合することは可能ですね。

コメント0件
2020/08/08

お盆休みも営業致しております

今日からお盆休みとなる所も多いと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。お盆といえども天気の良い日は仕事したいと思っています。先月は雨が多くて作業ができなかった分、時間のある限りどんどんしていきたいです。見積りも無料ですので見積りだけでも受け付けしております。

コメント0件
2020/08/07

鉄部の塗装で水性塗料仕上げでも大丈夫?

鉄部など鉄骨・鉄板などを塗装するとき、水性の塗料で塗装するときに気を付けることはまず下地処理です。これは油性塗料でも同じですが塗装する物の汚れ・油・錆などがあれば除去する必要があります。さらに、最も気を付けなくてはならないポイントは錆が出ている・錆が広がっているなど錆を食い止める方法を考えます。錆を落として錆止めを塗るのに水性の錆止めを塗るのか、油性の錆止めを塗るのか、どちらでも良いですが完全水性仕上げなら水性錆止めで施工するしかないですが、錆止めの効果の面で言えば油性の錆止めの方が強いので、油性錆止め+水性上塗り仕上げという方法でも可能です。それでも耐久性が心配であれば錆止め・上塗り共に油性仕上げをお勧めします。

コメント0件
2020/08/06

屋根の色を黒くしても遮熱塗装で熱吸収量を抑える

梅雨明けと同時に急激に気温が上昇しましたね。この夏になると屋根の塗装も多くなりますがほとんど遮熱塗装ですね。屋根を塗り替えるなら「せっかくきれいにしたい」という気持ちと「少しでも気温上昇を抑えたい」両方可能にする遮熱塗装がお勧めです。遮熱性能を最大限に活用するなら白色仕上げですが、屋根が白じゃ色のバランスが悪いというならば黒色系やこげ茶色系がおすすめです。黒色でも遮熱性能のある黒色は通常よりも50%以上反射すると言われていますので安心して濃い色を選択することができます。また、農業倉庫など波型スレート屋根では青系の色が馴染んでいいですね。

コメント0件
2020/08/05

広い面積を塗る時は刷毛塗りよりもローラー塗り

屋根とか外壁などの塗り替え時に塗装面積の大小によって塗装する道具を変えて塗装しています。当然、面積が大きいほどローラー塗りの方が効率がよく塗る事ができますが、場所によっては入りずみ部分や曲がりなど刷毛で仕上げた方がいい部分もあります。屋根の塗装でもカラーベストで言えば屋根の外周部分(トタン板金)は小さな小刷毛であらかじめ塗っておき広い部分はローラーで塗り広げるなど手順・塗り方によっても違いますが用途に合わせた道具選びがきれいに仕上げるコツです。

コメント0件
2020/08/04

木材に塗る防虫剤を均等に仕上げる

木材の種類や硬さによって塗料の色が浸み込み入りやすさというのは変わります。木の質が柔らかい場合は塗料吸い込みがあるので普通よりも塗りにくいが色はしっかりと入ります。逆に硬い場合は塗料吸い込みが少なく塗りやすいが色が入りにくいので何度も塗り重ねる必要があります。塗り重ね以外にも時間を空ける(二回目は翌日塗装する)など時間をかける方法と塗料を均等に仕上げるにはウエスで拭いて塗り重ねる方法も有効な手段です。

コメント0件
2020/08/03

気温が上がる季節は屋根・外壁共に遮熱塗装!

遮熱塗装を希望される方が年々増えていて屋根以外でも外壁の遮熱塗装もという方も多くみえます。遮熱塗装でもシリコンベースなのかフッ素ベースなのかによっても価格は大きく異なりますが、お勧めなのはシリコン仕上げでも2液型の耐候性のあるタイプが多く選ばれます。同じ色でも普通の色遮熱性の色の差がどのくらいあるかはサーモグラフィ画像で確認することができますので確認することは可能です。

コメント0件
2020/08/02

樋などの細い物の塗装はミニローラーを活用する

外壁や屋根のような大きな面積の塗装をする場合と違って細物や小面積の塗装をする時には小さなローラーの塗装に適しています.ミニローラーの塗装はローラーの太さや毛丈の長さなど用途に合わせて使用して作業効率のアップに繋がります。価格も高価なものになると飛散防止の効果の高いものもあるので塗料の飛散しやすい種類に合わせて使っています。

コメント0件
1 / 13312345...102030...最後 »

電話する

0565-76-4130