豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

ブログ

2021/06/15

外部で天井ベニヤ板は劣化が進むと剝がれやすい

外部塗装工事で軒天井や庇の所がベニヤの素材の時がよくあります。ベニヤ板は加工しやすく施工もしやすいので化粧ベニヤ(木目にプリント加工されたベニヤ板)は直接雨に濡れなくても膨れや剝がれなどおきることが多く、なぜそうなるかというと原因は下から上がってくる湿気です。連日雨の降る梅雨時期など体にまとわりつくようなベタベタした湿気のある時は建物全体にも同じような状態となるので、その時に湿気に弱いベニヤ板部分は湿気を吸い込んでしまうために膨張と乾けば乾燥を繰り返し板の膨れなどの原因となってしまいます。ですが、ケイカル板などの天井材は湿気の含みや吐き出しに優れているため長年の耐久性を保持することができますね。

コメント0件

電話する

0565-76-4130