豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

ブログ

2021/11/30

今月はもう終わりですね。

今月を振り返ってみると急激に気温が低下したと感じます。気温の低下とともに塗料の粘り具合などの濃度調整も微妙に変わってきますね。気温が低下すると霜が降りたり屋根や庇が凍ったりと予想外の状態となる事も多く、朝から屋根を塗ろうとしても乾いていないので塗れないという事も意外とあります。これからの時期は塗装の仕方を工夫してしっかりとした塗装になるようにしています。朝晩も寒くなり暗くなるのも早いので塗装時間は短くなりますが段取りよく準備や施工をしています。

コメント0件
2021/11/29

硬い木のオイルステイン塗装

ベランダやウッドデッキなど耐候性のある高級な木材は硬い木が多く使われています。硬い木=雨などが浸み込みにくいので腐食しづらいという考えでしょうか。硬い木は耐候性に優れていますがどのような下地処理が適しているかというと、コケがあれば高圧洗浄ですが、強すぎると木材自体を傷めてしまうので低圧から様子を見て洗ってみるといいでしょう。高圧で洗って木に洗浄の跡が残るとオイルステイン塗装をしてもその跡はペーパー処理をしても残る可能性があります。あまり下地を傷めないようにするのも大事ですね。

コメント0件
2021/11/28

スレート倉庫屋根の塗装で2年経過しました。しかし・・・

ガレージや農業倉庫でお馴染みのスレート屋根の塗り替え工事をしましたが、その後の経過を確認したところ意外な状況になっていました。塗装の状態は大丈夫ですか、屋根がうっすらとコケで汚れて緑色かかって塗装した時の色と違って見えます。なぜそんなに見えるかというと、遮熱塗装が今ではほとんどですが遮熱性能を重視したため真っ白色を塗装してしまったため余計に気になるという事が分かりました。恐らく何色を塗ってもコケは同じように付着していると思いますが、屋根と言えば青系や茶系など濃い色を塗る事が多かったですが最近は遮熱性能重視で明るい色を選ぶ事が多いので少しでもコケの発生を抑えるならこまめに洗浄や塗り替えをするか、塗料性能のワンランクアップ(シリコン塗装であればフッ素にしてみる)など耐候性も重視する事をお勧めします。

コメント0件
2021/11/27

木目を残して色を付けるにはオイルステイン塗装

木目を残してきれいに仕上げるにはオイルステイン塗装ですが、内部と外部とでは塗料の種類や耐候性が異なります。簡単に言えば内部だと雨や紫外線に当たらない事から耐候性は必要ないので塗料価格も抑えて塗装できますが、外部は逆に耐候性を要するので何度も塗って保護する能力をあげて丈夫に保護する必要があるので塗り回数や耐候性の成分の高い塗料を使用したりするので価格も上がります。一言にオイルステインと言っても使用する場所によりいろいろと変わってきますね。

コメント0件
2021/11/26

塩ビ被覆してあるトタンの下処理方法

塩ビ鋼板ってご存知でしょうか。簡単に言えばトタン板の表面に少し硬いビニール素材のシートで被覆してある物のことを言います。塩ビ鋼板は普通に塗装することはできますがその塩ビの状態によっては剝がれの原因となる場合もありますし逆に剝がれないけど塗装面がいつまでも乾かないようなベタツキが残ったままになるという事もあります。昔かその下処理材が判らなかったという事もあり塗装屋も困惑していましたが、今ではそうならない様な下処理の材料もあります。専用のものがなくてもエポキシ樹脂の2液型万能下塗り材も普段から使用しているので大丈夫です。

コメント0件
2021/11/25

細かい塗装作業にはミニローラーがお勧め

塗装作業で広い面積を塗るのは普通の6インチローラーを使って塗りますが、細かいけど面積がある場所ではミニローラーの4インチか3インチがお勧めです。毛丈も目地が深い場合は長い方がいいですが通常は13mmくらいが一日作業ではちょうどいいと思います。塗り込んでみると塗料の付き方も毛丈で変わるもので弊社ではミニローラーの4インチの毛丈は13mmが多いですね。塗る面積は一気にたくさん塗る事はできなくてもしっかりとした仕事はできますよ。

コメント0件
2021/11/24

刷毛塗りやローラー塗り作業で起こるよくあること

手塗り作業では刷毛塗りやローラー塗りなどで仕上げる塗装はプロになるほどうまく仕上げるのは当たり前でしょうが、上手く仕上げるには何でもコツがあるものです。塗料一つとっても中身が濃い材料か薄い材料か粘りの強弱・乾燥スピードなど違いそれが塗料の癖と思っています。最近多いトラブルは気温が下がってきたので塗料の濃さです。気温が下がるほどいつもと同じ分量で薄めていても塗ってみると濃いと塗り具合で分かります。また、塗料が濃いまま塗装するとローラーや刷毛でも同じですが抜け毛現象が起きて仕上がりもきれいに見えないので気を付けないといけません。少し塗って濃いと感じたらすぐ微調整した方がいいですね。

コメント0件
2021/11/23

雨上がりで気温も下がってきましたね。

今月ももう後半となり気温も徐々に下がってきました。塗装工事も通常通りに行っていますが寒くなるとどうしても動作も少し遅くなりますね。雨上がりという事で強風になると予想していましたが、意外と弱かったので外壁の下塗りや中塗りも順調に進める事ができました。これから少しづつ寒さが増してきますが体調に気を付けて作業していこうと思います。

コメント0件
2021/11/22

外壁や屋根など、せっかく高圧洗浄するなら塗装したい

高圧洗浄する場所で塗装しなくてもいい場所(コンクリートの床面)などを除いて外壁や屋根の場合は洗浄仕立てはきれいになりますがそのままでは意外と早く汚れてくるという事があります。きれいに洗った後はできるだけ早く塗装できれば下地との密着性を落とさず剥がれを気にすることなく建物を保護できると思います。高圧洗浄は主にコケやカビなど知らぬ間に繁殖するものを水圧で洗い流せるので清潔に保つには最適ですね。

コメント0件
2021/11/21

新品の木にオイルステイン塗装

新品の木材に塗装するといっても木の状態が問題で、カンナのかかった表面がツルツルの場合とカンナ処理のしていないザラザラの状態とでは塗装の塗り加減も使用量もかなり変わります。ザラザラの場合は特に気を付けないと面積から塗料の使用量を計算しますが、ザラザラしていると塗料が隙間に入り込もうとするので通常の何倍も材料が必要となることがあります。そうならないようにある程度ペーパー処理をしてから塗ると上手く仕上がるので下地処理が大事ですね。

コメント0件

電話する

0565-76-4130