豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

ブログ

2020/12/20

塗装の仕上げで気泡ができて

塗装の仕上げ塗りで均等に仕上げても気泡のような泡が残ってしまう場合、塗り方に問題があります。気泡などの泡ができる時というのはローラー塗りをすると、ローラーが回転するときに空気を含んでしまうので気泡が残るといわれています。気泡が残るという時は一般に塗料濃度が濃い時に出ますが、色合いによっては色の薄く明るい色もあるので濃度を薄めることもできないので濃いまま塗るという事になってしまいます。塗装した後に気泡が残っていても気温が低い場合は乾燥時間も遅くなるので完全に乾く前には少しづつ泡も消えてきれいにおさまってくるのでそんなに心配することはないです。しかし、泡が残った状態で周囲に風の流れがあると泡が消えずに乾いてしまうので注意が必要ですね。

コメント0件

電話する

0565-76-4130