豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

塗装工事

破風板が剥がれてきた

以前の塗装「15年から20年前」は素材への密着力の弱い合成樹脂塗料が一般的であったため、鉄骨でも木部でもこの塗料で塗装していました。年数がたつと木は収縮・膨張を繰り返すので塗膜がその動きについていけずパラパラと剥がれてしまうのです。しかし、現在の塗料は密着力も抜群で木部の動きの多い場所は剝がれるかもしれませんが、経年劣化で色落ちしてもほとんど剝がれず密着しています。また、最近では破風板部分にトタンを被せて保護する工法もよくするので、長い目でみるならガルバリウムトタンで保護した方がいいですね。

壁トタンの塗膜劣化

一度塗り替え工事をしてから15年程経過していてその塗膜もボロボロになっていました。劣化している部分も壁の上の方が多く、屋根のひさしがあるので雨に当たることはないので一見すると剥がれにくい場所と思えますが、実際は「熱がこもりやすい」とか「湿気がたまりやすい」など見た目だけではわからないけど劣化しやすい所でもあります。また、日当たりの良い南面では乾燥しやすい環境ではこの症状はなりにくいです。

旧塗膜の剥がれ「軒樋」

昔の塗料「20年前くらい」はウレタンとかシリコンなどの塗料は住宅塗り替え工事では使用せず合成樹脂塗料「一般で言う普通のペンキ」を使用していました。塗料も自然乾燥型で乾きが遅く作業性も悪く素材の密着性もよくありませんでした。それに比べて今の塗料は乾燥が早く密着力も強いのでこのような剝がれ方はほとんどないです。軒樋などの塩ビに普通のペンキを塗るとこの剝がれ方をするので注意が必要です。

ベランダの内側はコケが生えやすい

ベランダの内側はどうしてもコケが生えやすいですね。生える条件の「日が当たらない場所」・「風通しが悪い」・「雨が降るとしばらくジメジメしている」などコケやカビの発生の手助けをしている感じです。手っ取り早い対策としては屋根を付ける方法ですが、屋根を付ければ日陰になりますし、部屋の中も暗くなります。外壁の方も対策としては水が流れやすい水はけのよい塗装で仕上げるという事も可能です。水が留まることなく流れればコケやカビの発生も少なくなるでしょう。

鉄骨手すりが錆びてきた

鉄骨の手すりで錆びやすい場所は鉄部が交わる部分(溶接部分)がとても早く錆びてきます。理由は様々ですがやっぱり水がたまりやすい乾きにくい所が錆びやすいですね。また、一度錆びてしまうと塗り替えしても同じところから錆びやすいので錆の強い所は錆の進行を止める特殊な錆止めで補修することにより長持ちさせる事ができます。外部で屋根のない雨ざらしの鉄骨をいつまでもキレイな状態で維持するには、理想としては「錆びる前に」・「錆が大きくなる前に」塗り替えることが大事です。

スレート屋根の剝がれ

スレート倉庫屋根の現状です。お客様が自分で塗っていたみたいですが何度も塗っていると変な剝がれ方をして手に負えなくなってしまったようです。屋根全般に言えることですがホコリや砂、コケ汚れが必ずあるので水洗いをすることがとても重要です。実際に高圧洗浄してみると囲いのネット養生がなければ周辺はコケと旧塗膜の剝がれで掃除が大変です。きれいな下地を作ればやっぱり仕上がりも綺麗です。

セッパン屋根の錆発生

セッパン屋根の錆が発生しやすい場所は、雨水が流れる谷の部分ではなく、意外と山の部分が錆びやすいです。山の部分は雨が降った後など水分の乾きが早く錆びる心配はなさそうですが、太陽の光が当たる時間が長く紫外線による塗膜劣化が錆びを発生させているみたいです。また、谷の部分は太陽の角度により日陰になりやすいことがわかりました。その事から日なたと日陰では日なたの方が錆びやすいと言えます。

錆を確認したら早めに処置しましょう。

「屋根」と「トタン」という言葉で連想するのが(錆が出ているのでは)と思わず予想できます。耐久性を要する屋根で錆が少しでも出てしまった場合、錆を完全に止めるという事はとても難しいと思われます。錆の発生を少しでも食い止めるためにはやっぱり錆びた部分をこまめに取り除くことが重要だと思います。錆を地道にコツコツと取ることが錆びにくい屋根を作ることにつながります。また、錆止めの種類にもよりますが今のところ弱溶剤系エポキシ錆止めが定番であり丈夫だと思います。

しっくいが割れてコケが生えている

しっくいの劣化が進行しています。しかしこれだけ割れているのは珍しいです。割れの原因は無駄にしっくいを盛って塗ってあることが考えられます。しっくいの盛り過ぎで上から見て瓦よりもしっくいの方が出てしまっている所がありました。本来ならばしっくいというのは瓦の奥の方で収まってないといけないのですが、出てしまう事で雨が降ると直接当たって劣化してしまいます。しっくいを長持ちさせるには古くなって割れた部分は取り除かないときれいな仕上がりには絶対になりませんので清掃はこまめにしていくことが大事だと思います。また、連続して割れている部分に関しては棟から漏水している場合がありますので注意が必要です。

外壁がコケで緑色に

住宅の立地条件でも違ってきますが、山間部ではコケが生えやすいです。この現場では隣に川がありジメジメしているのが原因だと考えられます。コケが広がっていくと外壁を痛め外壁材にも影響がありますのでご家庭であれば家庭用の高圧洗浄機でもいいのでこまめに洗う事をお勧めします。どうしても取れなくなったなら業務用の洗浄機があるので洗浄だけでも依頼を受付しております。

電話する

0565-76-4130