豊田市の屋根塗装・外壁塗装・防水・塗り替えリフォーム・各種塗装|中村塗装(中村ペンキ)

電話番号0565-76-4130
ナビゲーション

塗装のススメ

塗装の役割

外壁塗装や屋根塗装の役割は見た目をきれいにするだけではありません。
防水や撥水、木部・鉄部の腐食防止など、目に見えにくい部分で快適に生活するための機能を改善します。
大切な家にいつまでもきれいに住み続けるために、外壁塗装や屋根塗装などの住宅塗装は大切な役割を果たしています。

サイディング外壁の目地の亀裂は塗り替えのサイン

サイディング外壁の目地コーキングは揺れなどに対応するため柔らかい素材でできています。また、雨や紫外線を受けやすい場所では劣化しやすく、亀裂やひび割れもおきやすいです。[この状態では劣化が進んでいるため切り取って再度打ちます。」この目地のコーキングが劣化するという事は同じように外壁自体も同様に傷んでいるので、外壁表面から白い粉が手に付着する場合は塗り替えのサインです。コーキング補修とコーキングを保護する塗装は同じ流れで施工することによりコーキングも長持ちしますね。

屋上の防水シートもチェックしましょう。

普段はほとんど見ませんが、陸屋根「平らな屋根」では防水シートのタイプの屋根が多く、天井から雨漏れしてきたときにようやく屋根を覗いてみるという事が多いです。この場合の原因はシートのつなぎ目からの漏水でつなぎ目を補修すれば漏水も止まりますが、ここまでの経年劣化でシートそのものも劣化しているので劣化部分の補修とシートの塗り替えをお勧めしています。シートの種類によっては色のついたカラーシートなどは塗装できないこともありますので要確認です。

ベランダの床も洗浄してきれいに

住宅の屋根のないベランダでは黒いコケが生えやすく、しかも取りにくいですよね。そんな時は高圧洗浄ですが普通の洗浄では落ちにくい形状の素材では回転式の洗浄ガンを使って洗い流します。この洗浄ガンの最大のメリットはカバーが付いているので周囲に洗浄した汚水が飛散することなく洗う事ができるのでとても便利です。後日、しっかり乾いたらノンスリップ床材「細かい砂が塗料に練りあわされている」を塗って完成です。

木板破風の防虫剤塗装

家にとって破風は雨風をカバーする大事なものです。そして、思った以上にダメージを受けやすいので定期的に塗装していけば破風板も長持ちさせることができます。板の状態にもよりますが硬い木材・柔らかい木材など塗料をたくさん吸い込む木材もあるので、何度も塗ってしっかりと保護していければいいですね。

ウッドデッキはこまめに塗りましょう。

木板のウッドデッキは見た目にもカッコ良く自然の温かみがあります。しかし、この状態を維持していくには定期的に防虫剤を塗装していくしかありません。また、この現場ではデッキの屋根がありません。屋根があれば雨で濡れることもなく、木の劣化もなくとても長持ちするでしょう。木を保護していくためにも屋根があるといいですね。

雨戸の吹付仕上げ

現場で塗ることができなかった雨戸を持ち帰り自宅で下地処理して吹付で仕上げます。吹付仕上げは温度・湿度・塗料の濃さなど経験がないときれいに仕上げるのは難しいと思います。また吹付や乾燥させるのにある程度の場所が必要です。雨戸が重ならないように広げて風を立てないように静かにゆっくりと乾かします。

サンブキ屋根(瓦棒屋根)の塗り艶をそろえるには

屋根の艶を揃えるには塗料を均等に塗ることですが、屋根のパーツがひとつずつ分かれている場合は一枚ずつ塗り広げるとキレイに仕上がります。角の部分は刷毛で広い部分はローラーを使って均等に塗り残しのないように塗り広げます。屋根寿命を延ばすためには翌日にもう一度同じように二回目を塗ると艶・水弾き・錆の発生を抑えるなどの効果が上がります。屋根の面積にもよりますが屋根塗装は思った以上に体力を使います。ご自身で塗替えをする場合は午前中の涼しい時間帯に作業をするなど屋根上の温度も上昇しますので熱中症に気を付けましょう。

セッパン屋根はネジ山をチェック

工場や倉庫などの定番の屋根と言えばセッパン屋根ですが、屋根の錆の原因(錆の発生場所)はネジ山です。ネジ山の錆は一度錆びると錆を完全に止めることは難しいですが、今では長期間錆を抑える方法はたくさんあります。本当は錆びる前に塗る方が理想的ですが錆を見つけてから塗り替えるという事が実情です。錆を見つけたらその部分だけでも錆止め処理しておくことをお勧めします。(弱溶剤系塗料)

色が抜けてきたら塗り替え時期です。

屋根は最も耐久性を要するところであり瓦とは違ってカラーベスト屋根は年数と共に色が薄くなり屋根表面のざらざらした砂も取れて流れ落ちてしまいます。更に劣化が進むと一枚ずつ重なるように張ってある屋根自体が太陽熱により少しずつ変形して浮き上がるなどの症状が出てきます。(屋根表面の急激な温度上昇による変形)
また、変形した状態で屋根の塗り替えをする場合は塗装作業中に割れることがあるのでなるべく早めの塗装をお願いします。(屋根塗装が不可能の場合は張り替え工事となり塗り替え工事よりも高額になると予想されます。)

塗らないところもキレイにお手入れ

外壁塗装工事をすると壁だけきれいになって周囲の少し汚れたところが気になるっていう事ありますよね。この現場ではタイル塀(レンガ)の水垢汚れが気になり洗ってみました。洗いだしたらその汚れ具合も予想以上に汚れていたので洗い終えたときにはすっかり新品の状態みたいになり洗ってよかったと思います。気付かない間に汚れが付くものですね。洗って汚れが取れていくのを見てると作業する側もうれしくなってしまいます。

電話する

0565-76-4130